妊娠後期エピソード

妊娠後期にて雑巾掛けの効果を実感した

投稿日:

私は、妊娠後期に入り、予定日が近くなっても、陣痛などなにも起こりませんでした。また予定日になってもなにも起こらないどころか、子宮口が全然開いていなかったのです。

そして予定日を過ぎてからもそのような状態がつづき、さすがに子宮口を柔らかくする薬を飲み始めました。
3度ほど、検診のたびに薬を飲みましたが、あまり変化はあまりありませんでした。

そこで、あまりにも予定日を過ぎて過期産になってしまいそうだったので、私は子宮口を開かせるためと信じて、雑巾掛けをひたすらしました。
普段からよく歩いてはいたのですが、それでもだめなら雑巾掛けしかないと思いました。

里帰りをしていたので、部屋中ピカピカに、わざと何往復もしました、すでに予定日を超えたので、お腹は大きくなり過ぎていました。だから雑巾掛けは大変でしたが、最後のひとふんばりと思い、ひたすらふきました。
その結果、少しではありますが子宮口が開いたのです!私は雑巾掛けをして本当によかったと思いました。

-妊娠後期エピソード

Copyright© 妊娠中(プレママ)&産後ママが大集合!妊娠あるあるエピソードまとめ , 2017 All Rights Reserved.